読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SAS University Editionでグラフを描く

SAS University EditionにはSAS/GRAPHが含まれていないため、グラフ用のプロシジャについてが気がかりでした。
SAS/GRAPHのGPLOT Procedure等に慣れ親しんでいる人も多いと思いますが、残念ながらSAS University EditionではGPLOTは使えません。
しかし、SAS 9.2まではSAS/GRAPHに含まれていたODS Graphicsが、SAS 9.3以降からはBase SASに含まれるようになった関係で、SGPLOT ProcedureやSGPANEL Procedureが使える様です。


SGPLOT ProcedureはRのggplot2と同様に、グラフのパーツを重ねて描きやすい設計になっており、個人的には使いやすいです。
SGPANEL Procedureはggplot2 + facetのような機能のプロシジャで、サブグループ別のグラフが簡単に作成できます。


例えば、散布図を描くと以下のような出力が得られます。

data x;
g = 1;
x = 1; y = 1; output;
x = 2; y = 2; output;
x = 3; y = 3; output;
x = 4; y = 4; output;
x = 5; y = 5; output;
g = 2;
x = 1; y = 2; output;
x = 2; y = 3; output;
x = 3; y = 4; output;
x = 4; y = 5; output;
x = 5; y = 6; output;
proc sgplot data = x;
where g = 1;
scatter x = x y = y;
run;
proc sgpanel data = x;
panelby g;
scatter x = x y = y;
run;