読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SAS/STAT 14.1 が出たようだ

SAS

Enhancements in SAS/STAT 14.1 Software


以下の変更点が特に気になった。

  • LIFETEST Procedureが Gray's test + CIF のノンパラメトリック推定量 (Gray 1988) に対応 (かなりうれしい!)
  • MIXED Procedure でも ddfm = KENWARDROGER2 が追加された、Kenward & Roger (2009) の改良版自由度推定量が利用できるようになった
  • POWER Procedure が Cox 回帰のサンプルサイズ設計に対応 (生存時間の非劣性にはまだ対応しないらしい、残念)
  • MI Procedure の多重補完法のデフォルト補完回数が 5 から 25 へ変更された(もっと多くてもよさそう)。やっぱ 5 は少なすぎる・・・
  • GEE Procedure の正式版リリース
  • GLIMMIX Procedure の積分計算方法の改善 (FASTQUAD option; Pinheiro and Chao, 2006)
  • HPSPLIT Procedure が追加され、SAS でも CART が使える様になった、個人的にグラフが綺麗だと思う
  • MCMC Procedure で ODE への対応 (PKモデルなど)、NLMIXED 同様の GENERAL 関数に対する積分への対応 (周辺モデルなど)、すごいな。

文献

  • Gray RJ. A class of K-sample tests for comparing the cumulative incidence of a competing risk. Annals of Statistics 1988; 16: 1141–1154.
  • Kenward MG, Roger JH. An improved approximation to the precision of fixed effects from restricted maximum likelihood. Computational Statistics and Data Analysis 2009; 53: 2583–2595.
  • Pinheiro JC, Chao EC. Efficient Laplacian and adaptive Gaussian quadrature algorithms for multilevel generalized linear mixed models. Journal of Computational and Graphical Statistics 2006; 15: 58–81.