読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SAS Analytics U

SAS

SASからSAS University Editionというソフトがリリースされていました。


含まれるパッケージは、BASE SAS(R), SAS/STAT(R), SAS/IML(R), SAS/ACCESS(R) TO PC FILES およびSAS STUDIO(R)だそうです。
Mac, Linuxでも使用できるようです。


FAQによれば、非商用利用であれば、高等教育機関に所属しているかどうかに関係なく、どなたでも学習や学術調査の目的で利用できるそうです。

インストール

VMでサーバーを動かして、Webのインタフェースからプログラミングと解析の実行をするようです。
Oracle VirtualBoxVMwareをインストールする必要があるようです。

インストール手順概要は

  1. VMをインストール
  2. VMイメージを読み込む
  3. myfoldersという名前の共有フォルダを作って、VMの設定画面等でパスを入力する
  4. VMを起動
  5. サーバー画面に http://localhost:10080 とか http://123.456.789.101 と表示されるので、これをブラウザのアドレスバーに入力する
  6. ブラウザからSAS STUDIOが起動する

といった感じでした。
インストールマニュアルがあるので、さほど苦労はしないと思われます。

関連リンク

SAS STUDIO

SASのWebのインターフェースでした。
コード補完してくれるエディタが付いていて、ショートカットキーも使用できました。
Rユーザ向けに言えば、Server版のR Studioをローカルから使うような感じですね。

SAS/STAT

搭載バージョンは13.1で、最新のものでした。
したがって、

  • GLMSELECT ProcedureでAdaptive lasoo
  • PHREG Procedureで生存時間解析やFine-Grayモデル
  • MIXED Procedureで線形混合モデル
  • GLIMMIX Procedureで一般化線形混合モデル
  • NLMIXED Procedureで非線形混合モデルや一般のモデル
  • ICLIFETEST Procedureで区間打ち切りデータの解析
  • IRT Procedureでitem response models
  • MI ProcedureにはMNAR statementが追加されているので使いやすくなった!
  • MCMC ProcedureでMCMC (13.1からmulti thread化; ただしSAS University Editionは2コアまでしか割り当てられないようです)

などもとても簡単に実行できるでしょう。


SAS/STATでできる事の一覧は

などを参照のこと。
ちなみに、↑に書いていないことも死ぬほど沢山できるので、SAS/STATヘルプファイルを熟読すると良いでしょう。
各手法のサンプルプログラムが付いていますので、参考になります。

感想

非商用利用のみとはいえ、SASが無償で使えるとなると、助かる人が沢山いそうですね。