Triad sou.

最近買った本


統計と確率の基礎
服部 哲弥
学術図書出版社, 2006
2ch で服部先生のルベーグ積分の問題と回答集がいいって紹介されていたので、「統計と確率の基礎」も分かりやすいかなと思って買ってみました。
理学部向けっぽい感じがするので、数式を読むのが苦じゃないぐらいの人向けかなと思います。
アクチュアリー、ファイナンス等の話が結構出てくるので、目指している人にはいいのかな。
決して応用向けではない感じで、確率論や数理統計学の本としてはかなり軽いと思います、そういう意味で基礎なんですかね。
そんなに多くはないですが、問題と解答がついています。
まだ全然読み終わってない、あと、関係ないけどルベーグ積分が全然分からないw


宮崎大学の藤井良宜先生の本です。
まだじっくり読んでません、放送大学でこれ全部やってるんですかね?
ざっくりといろいろな手法を解説する感じなので、ちょっとやってみようかなという人に勧めてみようかなと思います。
Kullback-Leibler divergence とか出てくるのが心配ですが、今度勉強用に誰かに与えてみます。


基本の道具を磨くェ。