読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Beamer関係, setbeamer系オプション

Madrid themeでオプションを比較してみよう。


Madridデフォルト

ナビゲーションバーがない、フッター情報が入っている。

\useoutertheme[subsection=false]{smoothbars}
\setbeamertemplate{footline}[page number]


ナビゲーションバーが欲しいので追加する。[subsection=false]で、section情報だけをナビゲーションバーに表示できるようになる。
フッター情報はいらないので消して、ページ番号だけにした。
ページ番号が小さく、薄いので、\setbeamertemplateや\setbeamerfontや\setbeamercolorで調整する。他のパーツについてもマニュアルに変更できるオプションが細かく記載されている。テーマによっては変更できないものもあるらしい(smoothbarsが使えない等)。

\useoutertheme[subsection=false]{smoothbars}
\setbeamertemplate{footline}[page number]
\setbeamerfont{footline}{size=\small,series=\bfseries}
\setbeamercolor{footline}{fg=black,bg=black}


ページ番号は太く凛々しい黒色に。

\setbeamersize{text margin left=.75zw, text margin right=.75zw}


frame描画領域の左右マージンも変更できます。


基本ソース

\documentclass[dvipdfm]{beamer}
\usetheme{Madrid}
%\useoutertheme[subsection=false]{smoothbars}

%\setbeamertemplate{footline}[page number]
%\setbeamerfont{footline}{size=\small,series=\bfseries}
%\setbeamercolor{footline}{fg=black,bg=black}
%\setbeamersize{text margin left=1zw, text margin right=.75zw}

\setbeamertemplate{navigation symbols}{}

\usefonttheme{professionalfonts}
\usepackage{txfonts}

\AtBeginShipoutFirst{\special{pdf:tounicode 90ms-RKSJ-UCS2}}
\usepackage{atbegshi}

\title[footline title]{
\texorpdfstring{
\TeX title
}{
Bookmark title
}}
\author[footline author]{
\texorpdfstring{
\TeX author
}{
Bookmark author
}}
\institute[footline institute]{
\texorpdfstring{
\TeX institute
}{
Bookmark institute
}}
\date{\today}

\begin{document}

\section[]{タイトル}
\frame{\titlepage}

\section{その1}
\begin{frame}[t]
\frametitle{sono1}
あいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえお
あいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえお
あいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえお
あいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえお
あいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえお
あいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえお
\end{frame}

\section{その2}
\begin{frame}[t]
\frametitle{sono2}
あいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえお
あいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえお
あいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえお
あいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえお
あいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえお
あいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえお
\end{frame}

\section{その3}
\begin{frame}[t]
\frametitle{sono3}
あいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえお
あいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえお
あいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえお
あいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえお
あいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえお
あいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえお
\end{frame}

\end{document}