読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

emf ファイルと Power Point (と一応 SAS)

emf ファイルは Power Point 等で、ベクトルデータのオブジェクトに変換することが出来ます。
SAS で描いた emf ファイルのグラフを使って、きれいなベクトルデータの曲線なんかを使いたいときにたまに使っています。


Univariate Procedure を使ってヒストグラム作り、正規分布を当てはめたグラフを出力するプログラムです。

%let Path = C:\;
%let Name = NORMPLOT;

data normal;
  do i = 1 to 100;
    x = rand('Normal');
    output;
  end;
run;

goptions reset = all;
goptions ftext = 'Times New Roman/it' ftitle = 'Times New Roman/it'
         htitle = 1.6 htext = 1.6 hsize = 15cm vsize = 15cm;

filename grafout "&Path.&Name..emf";
goptions device=emf gsfname=grafout gsfmode=replace;

options linesize=120 pagesize = 300;

proc univariate data = normal;
  var x;
  histogram / normal(color = blue mu = 0 sigma = 1);
run;

これを Power Point で編集してみます。


編集の流れは

  1. 実行して作成されたグラフをPower Pointに貼り付ける
  2. グラフを右クリック
  3. 図の編集を選択
  4. オブジェクトに変換
  5. 必要のないオブジェクトを消す
  6. Font などを好みの物に

こんな感じです。


サンプルファイル


Power Point 上で、ベクトルデータのきれいな曲線を手書きするのはかなり大変です。
これを使えば、外部プログラム (SAS, R, gnuplot等) で出力したのグラフを利用して、編集や追記ができるので便利かもしれないですね。